セレスタミン 花粉症

セレスタミンは花粉症の症状によく効く強力な薬です。

セレスタミンは数年前、花粉症が酷いとき医師から処方されました。

 

セレスタミンを処方してもらうまでは花粉症の季節はクラリチンを飲んでいました。

 

その年は花粉の飛散量が多くクラリチンでは花粉症に効果がなかったので、医師に相談したのです。

 

セレスタミンはエバステルという花粉症の薬と一緒に出されました。

 

そこでされた医師の説明が今でも強く印象に残っています。

 

「エバステルは毎日一錠飲んで良いけれど、セレスタミンは三日に一回一錠にするように。」言われました。

 

てっきり両方毎日飲んで良いと思っていた私は驚き、「毎日じゃないんですか?」と聞き返してしまいました。

 

医師からは「セレスタミンを飲むのは症状が酷いときだけです。長期で飲むことはオススメしません。」とのことでした。

 

私はセレスタミンはよほど強力な薬なんだろうなと思い、副作用を考えたら少し怖くなりました。

 

そこで、極力セレスタミンを飲まないようにしようと誓いました。

 

ですがその年の花粉症はかなり酷く、初めはエバステルだけでよかったものの、そのうちエバステルだけでは花粉症の症状を抑えきれなくなってきました。

 

当時、まだ息子が幼くて育児に支障が出そうだと思った私はとうとうセレスタミンを飲む決意をしました。

 

薬を口に入れる瞬間、ドキドキしたのを今でも覚えています。

 

結果、セレスタミンはとても花粉症に効果がありました。

 

エバステルと一緒に服用することでくしゃみ、鼻水の症状がピタっと止まりました。

 

今までかなり辛かったのが嘘のように良くなったのです。

 

持続性も抜群でした。

 

一回セレスタミンを服用すると三日間くらいは花粉症の症状が良くなっていました。

 

今年、数年ぶりに花粉症が酷いので今私はセレスタミンを服用しようかと考えています。

 

私の場合、強い副作用もないのでセレスタミンの用法、用量を守って花粉症を上手く乗り切れたらと思っています。

 

(愛知県 ココナッツさん)